応援することで循環する(尾森ノート12)

以前、ポッドキャストで「今現在やりたいことがないのなら、周りを応援しよう」と提案した。コロナ禍で企業の倒産や失業者は増加する一方であるから、「需要と供給」のバランスで考えると、まずは外出しない、できない、外食しない、できない、サービスを利用しない、できないということにおいて、需要が減る。需要が減れば、今の世を見渡せばわかるように、供給側は収益の点で打撃を受けるので、店じまいや規模縮小していくしかなくなる。すると、全体で見たときの供給能力が低下する。経済面で考えれば、この供給力の低下は最も芳しくない。デフレの最果てに起こりうることではあったが、このコロナ禍で一気に加速した。政治経済の話は門外漢であるから、論ずることは控えるが、少なからずこの供給能力は維持したいと思うのは、一般的なことだろうと思う。今現在供給されているものは、多かれ少なかれ「誰かのやりたいこと」である。そのように想像することができるならば、私たちの消費は、少なからず「誰かのやりたいこと」の応援になる。消費という形で、供給する側を支援することが出来るからである。なので、「やりたいこと」が出来ずに二の足を踏んでいる感じがあるのであれば、自身の消費が誰かへの支援になっていることを認識して、気軽に初めてみると良いと思う。少し視点が変わるだろうと思う。というより、そこが重要なのである。「やりたいことがない、見つからない」というのは、根本的に視点が自分にあるからである。前にも書いたと思うが、娯楽が許される時代である。生きる「ため」への必要性というのはどこまであるだろう。ある意味で平和ボケこそが「やりたいことがない、見つからない」という原因でもある。なぜなら、「そんなことを言っていても生きられている、あるいは働けている」という事実があり、実はそのことをきちんと認識できていないがゆえの不満でしかないからだ。もちろん、断定できるものではないが、あえて断定しておく。裏を返して考えると「やりたいことをすべき」だとか、「自分らしく」だとか、煌びやかな寝言が蔓延している風潮の中で、その言葉に悩まされているだけなのかもしれない。だからこそ、視点を変えるべきなのだ。別に自分自身がやりたいことをやる必要などないではないか。すでにエネルギーを持ってやりたいことをやっているように見える人や物を応援するのも一興であると思うことも柔らかな発想を持つことに寄与する。ぜひ周りの人や物を応援してほしい。そして、私自身がそのことをしていく一存である。前置きが長くなったが、このクラブ内において皆を応援するというのはどういうことだろう。その問いへの回答の一つに、私が皆から質問に回答するのではなく、私が皆へ質問をさせてもらう、というのが良いと考えている。これまで、様々な問いや質問を受けた。その回答に影響を受けてくれた方も少なくはないと思う。私としては自分の立ち位置として、それで良いと思っていたが、結局はどのような問いを持つか、どう問いを立てていくかで回答が得られるのであれば、問いを持つ持つ、立てるという点を支援する方が良いだろう。そして、「問う」ということは相当に神経を使う。だから、それをやろうと思う。

自分で考えない(尾森ノート11)

この表題については、概ね悪として語られることが多いように思う。
私の今年の一つのテーマに【自分で考えない】がある。
自分で考えなさい、とは言うが前にも記述したように、全ての言葉は借り物だ。その言葉に実感を持っていたとしても、裏を返せばその言葉を持つから、実感を「その言葉」で表現していると言うことになる。
ここはかなり難解かもしれないが、我々がいかに「感性」というものが素晴らしかったとしても、それを表現する言葉が稚拙であれば、その「感性」はいかにして現れるのか。
もちろん、私も臨床での実感としてうまく言葉には出来ないが、上手くいくと言うことは多々ある。
昨日も片麻痺の男性の脛骨のねじれに対して、ふと肋骨をいじったら脛のねじれが取れて、歩き方が劇的に変わってしまった。おっさんめっちゃ喜んでた。
この因果の想像は出来るが、そこに明確な理論、ないし論理は持ち合わせていない。
つまり、知らない、分からなくても、出来てしまうことはある、と言うことである。
敬愛する神田橋條治先生の書物にも「流れで患者さんに助言したことが思いの外効果的であることが多く、その場合は、その助言をもとに考え方を再編する」と言うような言葉があった。
ここからが味噌だ。
実感は常に言葉にはとらわれない性質がある。つまり、この場合の「流れ」や昨日の状態に言葉は入り込まない。
あるのは実感だけである。
だから、実感があれば言葉はいらない、と考えるのも一つだ。
しかし、この「実感」を得ているのは私なのか?と問うとどうなるだろう。
つまり、ここでの「実感」に関わるのは私だけでなく、対象との関係であり、実際にはそちらが全てである。
と言うことは、自覚している「私」が実感をしているのではなく、あくまで実感があるだけなのだ。
もっと言うと、「実感がある」とした段階で、私が出てくるのであるから、そのような認識も本来的にはない。
そう考えると、「実感」と「言葉」の間にある隔たりと言うのは、「実感」と言うことに対する認識の誤解によって生じるものであるとも考えられないか。
感覚を大切にする、という言葉がある。
ある意味でその通りであると思うが、「感覚を大切にする」と言う明確な言語指示を自分自身にしている以上、それはその指示によって捉えられる世界を認識していると言うことになる。
だから、感覚を大切にする、と言う世界観で生きていると言うだけであり、感覚を大切に出来ているかどうかは分からないではないか。
そこに自分なりの実感がある、と言うのは、「自分なり」と言う域を出ない。
ここのジレンマに取り組むためには、【自分で考えない】を意図して行う以外にないだろうと思う。
 

残された時間という発想 (尾森ノート10)

 
人間の可能性と言う言葉は好きだ。
今レオナルドダヴィンチをモチーフにした神神の復活と言う本を読んでいる。
はっきり言えば超面白い。
彼は科学者であり、アーティストだ。
彼の生存していたヨーロッパはキリスト教信仰が常識的であり、科学などというのは悪魔に取り憑かれた愚行だとされていた時代だ。
そんな時代背景には相容れず、自然現象や人そのもの、そして学問に真摯に、そして情熱的に対峙し続けた人の物語であるから、そりゃ感銘を受けるわな。
ただこの本上下巻で1000ページ近くある上、1ページにつき上下の二段構成というなかなかなボリュームなのでとにかく読むのは大変。でも、惹きつけられます。
先日、私に「君は文学をやりなさい」と助言してくれた利用者さんとこの本を話題にして雑談をした。
レオナルドダビンチには15程度の肩書きがある。それもどれもが一級品ときている。
これを非凡かつ多才と捉えるべきか。あるいは、人間に正しくアプローチをすれば、皆こうした可能性があるのか、という議論だ。
結論としては後者だろうということで一致した。
この利用者さんも多才である。
文学や絵画にも造詣があるが、本業は建築だ。
私はこの方に、生き方という点で多様な指南を受けた。今でも雑談が面白い。
利用者さんも「他の誰ともここまでの話は出来たことがない」とおっしゃってくれた。
さて、話を戻す。
才能ではなく、アプローチの問題だ、と我々は考えた。
もちろん、レオナルドダビンチの成し遂げたことは偉業であり、誰しもに出来ることではない。そこに才能というものの片鱗がないというには無理がある。
しかし、彼は超絶なメモ魔だった。次から次に溢れ出るアイディアを形にする手筈を自身で確立していた。
ここが味噌だと思う。
他の利用者さんに、「知的生産の技術」という本を紹介された。それはまさに知的生産活動をするための手順書だった。
手帳の書き方、日記と記録の違い、本をどう読むかなど。
この手順書はごくありふれた物だ。
特別は技術は何一つない。
しかし、これを紹介してくれた60代男性利用者さんが言うには、当時の学問をする大学生の必読書だったらしい。
専門学校時代、授業中に一番前の席でパソコンで映画を見ていた昔の自分を呪いたくなった。
ごくありふれた手順を徹底していた。
これに才能は関係するだろうか?
否、これには関係がない。
結果として表出されるものには各人の能力は大いに関係する。
しかし、手順の徹底には関係なかろう。
これを是認すると、現代ではパワハラやモラハラに直結するだろうが。
それほど現代は「容認」を強要するとも言えるのではないか。
風潮として理解はするが、私個人としては馴染めない。
ありのままを容認するより、ありのままを具現化できる自分になりたい。
そんな話を利用者さんとしていると、「君にはまだまだ時間がある」といつも話してくれる。
私もそうだなと思ってはいたものの、この「神々の復活」を手に取ってからは、いかんせんそんなに時間が残されているだろうかと思うようになった。
少なからず私は「感覚」や「感性」というものに対してアプローチをかけた。それによって、定量化できない性質に重きをおいてきたからこそ、この手順を確立するということについては疎い。
数多の工夫で練り上げられたものはあるが、明確な手順で積み上げたものは果たしていかほどか。
今はここに焦りを感じているのだ。
自分に残された時間は?と強烈に意識するやうになった。
人間の可能性にチャレンジするのと同様、人間はいつか必ず死ぬと言う事実に立脚し、残された時間を何に使うかを考えていきたい。
こう考えるようになったのも利用者さんとの対話の恩恵だろうと思う。
有難い。
 

守りたいもの(尾森ノート9)

【守りたいもの】
 
守る、というのは死語か。
「守りたい」という言葉は知っている。だが、その守るということの実際はどこにあるのだろうか。
先日の治療クラブ後に、日野先生がエピソードを添えて、「守りたいから強くなる」という話があった。
これは強烈に頭の中が揺さぶられた感じであった。
守りたいもの?
その言葉を恥ずかしながら持ったことがないように思う。
もちろん、他者に対して「こうしたい」、「どうしたい」はある。しかしながら、その基底に「守りたい」があったかというと、そうではない。
基本的に止まっていることができないから、変わり続けることにしか興味がなかった。
その中で、「守る」=止まっている、というような妙な固定観念が私にあったのだろう。「守る」というような言葉を意図的に使用することはなかった。
であるから、日野先生のいう「強くなる」ことと「守りたいものがある」ということの関連が意識下に置かれることはなかった。
私としては、そう考えたことがなかったが、その話を聞いた時に「あ、間違いなくそうだ」と分かった。
 
好奇心のままに生きるのは、構わない。その好奇心を成就させるならば、様々な工夫や成長が必要だからである。であるから、好奇心を軸において、行動していくのは、自己成長には欠かせない。そのように歩んだ道が、もし誰かの役に立つのであればそれは有益だろう。
こう考えていた。
しかしながら、この考えにはどこか欠落している部分があるようにずっと思っていた。
それが今回の「守りたいもの」である。
 
少し話が飛ぶが、私は「技術」というものを考えるにあたって、廃れてしまっては滅びてしまうもの、そういった文化のあるものの中でしか、技術が伝承される必然性がないと思い、宮大工の方の本を手に取った。そこには、過去の時代に建立された神社仏閣の形を、そのままに修理修繕するための心得や技術が紹介されており、またその教育の仕組みが本来的な「見習い」であったため、やはりこの道しか技術習得などあり得ない、と悟った。
 
ただこの背景にある宮大工のこころまで、味わってなかった。
意識的にも、無意識的にも、どこか美談のように、抽象化してしまっていたのかもしれない。
彼らの心には、きっと伝統を「守りたい」があったはずである。
それが自身の仕事、そして成長に対する責任を生んだに違いない。
人の成長、技術の伝承に着眼して、本を読み進めていたが、根本的に大事なのは、他の部分にあった。
 
そのこころで周りを見渡せば、見え方も何もかも変わる。
気づくまでに時間がかかりすぎた。
もうこの世に生を受けて32年も経つ。
気づけば居ても立っても居られないのは、本性なのだから、性には逆らわないでいこうと思う。
 
今までもなんども大切なものに、気づかされてきた。
その気づきは、私の成長の足がかりとなってきた。
 
「人」というのは、思う以上に素晴らしいものである。
それは自分も含めて、だ。
おそらくここが欠如してしまえば、他者を大切になどできないだろう。きっと、他者を大切にする自分を守りたい、などと思うはずがない。「自分」と「他者」を分断して捉えている、というのがミソだ。自分も他者も、一人の人間として見えば平等であり、そこに何らの違いもない。生態学的な、あるいは社会的なヒエラルキーは単なる概念であって、「いのち」を基盤にしてみたときに、そこに違いなどないだろう。それぞれにはそれぞれのいのちや人生があるのであり、私もまた然りである。
だからまずは自分のことを一生懸命やれば良い、とそう思う。
 
自戒のために提言する。
 
自分を守るのではなく、どんな自分を守りたいのか。
相手の何を守りたいのか。
 
守りたいものがある、ということが大切なのではなく、守りたいと思う心が自分に芽生えた、ということを知ることが重要だろう。それは間違いなく尊いことである。
 
なんと言おうと、私は守られてきた、のだ。
次には私がそのことを考えるべきだろう。
守りたいものは、抽象ではない。言葉に置き換えたとしても、それには実体が重要である。常に具体的にありたい。
もしそんな道をこの先歩けるとするならば、それこそ、何でもしてやろうと決意する。

実感という幻 (尾森ノート8)

実感という幻。

朝起きたときに、自分自身が生きていることを実感する。このときに使用される実感というのは、自分自身の感覚を通して世界を認識した結果であり、常に実感というのは、本来的には認識なのだ。

実感というのは、そこに意識が向くからこそ、得られるものである。しかし、そこを意識するというのは、主体的な行為であるため、そこに生じた「感覚」とは別物なのである。

 

 

分かるとは (尾森ノート7)

もし何かを得ることで、生きやすく感じるのであれば、それは「生きる」を何かに委ねることに親和性があるからである。
それを咎める理由はない。
しかし、それで知り得たことは、全て「いのち」が知り得たことではない。むしろ、知りうることを放棄した結果として、「知った」という仮想を手に入れるのである。

人が何かの話をする。
その話を聞いて話された内容が分かったする。
その「分かった」が生まれた時に、何を感ずるだろうか。
ここで最も低次元な「分かった」は、すでにその話を知っているということから生まれるものだろう。
なぜ、それが低次元かと言えば、その背景に言葉を個と独立させて解釈している様がそこにあるからだ。
AさんとBさんが同じ話をしたとして、なぜその意味までも同じになるのか。
それ以前に、なぜ同じような話が出てきたのか。
そこを想像する努力もせずに、耳から入った情報だけで、「分かった」になるのは、おかしいだろう。
逆に言えば、我々は想像力を働かせない限り「分かる」などということはないのだ。
客観的事実を知りうることを「分かる」と誤解することもある。
歴史上の人物の行動は、資料として残されている。
それはいわば、客観的事実である。
しかしそれが本当かはどのようにしたら分かるだろうか。
これには一つしか道はない。
当人がなぜその行動をとったかを想像することである。
この想像するというのは、自分勝手ではいけないのだ。
それこそ、数ある事象の中でその人が見えてくるまで考えた結果としての想像力でもって、想像するのである。
その結果として、過去の出来事は、現代に生きる我々の主観の中で客観的事実として蘇るのである。
その作業を通して、そしてその態度が「分かる」につながるのだ。

こうした観点からもレトリックによる理解が、実社会で有益であったとしても、ある種の哲学的観点から見れば、勝手な限界を作っているに過ぎない。そして、行動を急ぐ結果としてのものなのだろうと類推する。

なぜ、こんなことを医療者である私がいうのか。
私の理想とする医療者としての姿は、常に相手に、いのちに問いかけるものでありたいと思うからだ。
そして、そこに癒しの雰囲気が生じることが治療として最高級であり、最低限のものであろうと位置付けたからである。

基礎が大切 (尾森ノート6)

基礎が大切。

これはどこにでもある言葉である。「どこにでも」というのは、どの業界にもという意味だ。ここで重要なのは、何を基礎として自分自身が認識するかである。ただし、初学者は半ば強制的なしつけのように、基礎を教わるが良い。なぜなら、何も分からないからである。厳密にいうと、知らないからだ。どのように取り組めば上達するのか?その訓練方法でどのようになるのか?ざっくりと自分の取り組みを理解し、そして「こうしたい」という渇望が自分から湧いてくるのであれば、改めて「何を基礎とするか」という土台から見直していくと良いだろう。

向かう先に応じて、土台を変える。そうした思考の行き来と数多の検証の中で、選んだ道のみならず、「道」を進むことにおいて重要なことを知っていくのである。

していることの明確化(尾森ノート5)

していることの明確化

物事に取り組むときに、「物事に取り組もうとする」という言葉がある。「物事に取り組もうとする」はそう思っているだけであって実際にしているかは分からない。そして、大方そう思っているだけであるから実際にはしていないのだ。

自分自身を客観視すれば、物事に取り組んでいるのか、そうしようとしたのかが見えるはずであるから、逆に言えば自身を客観視する視点を持ち合わせていないということになる。

「取り組もうとする」は自分自身に構えを作り出す。

その構えで持って、「○○したらどうしよう、こうしよう」と考える作業というのは、実際とは関係がないだろう。

実際は、そのことに取り組んで見なければ分からない。

「リスク管理」や「予測」、「時間管理」や「自分軸を通す」など、さも先々のことを分かったつもりになって、自分自身の取り組みをマネジメントするのもいいが、自分の計画通りに物事が進むということは、逆に言えば、自分自身は何も進歩していないということでもある。なぜなら、計画を立てたのは、過去の自分だろう。

その過去の自分の計画通りであるならば、何も変わっていないということではないか。

一点大切なのは、そうしようと決めたのであれば、そうすることだけである。

常に現場をそのように生きれば、その現場が自分に何かを気づかせ、様々なことを示唆する。

その方が「面白い」と思うが如何か。

論理と理論 (尾森ノート4)

【理論と論理】

理論的であると言うことと、論理的であると言うことには大きな違いがある。
例えば今起こっている現象や状況について現時点でわかるのであれば論理的に説明することは可能であるが、現時点でわからない場合は理論が必要になる。

理論というのは、実際と関係あるかは分からない。論理というのは、実際をもとにしなければ成り立たない。

そうした性質があることを理解しておく必要がある。