活動の軌跡

EnjoyRoadからHOLISM勉強会、そして尾森クラブへ

これまでの活動の軌跡を振り返ると、その当時の私の自意識、そしてその自意識がどのように変化していったかを見て取ることができます。

一つ下の後輩PT玉城君と私が3年目の時にEnjoyRoadという勉強会を立ち上げました。その会は、療法士向けのセミナーがあちこちで行われるようになる中、私たち自身がアウトプットする場所を作ろうと半ば勢いで始めたものです。養成校時代の同級生や先輩、後輩にも数多く参加していただき、「人に何かを伝える」ということを経験しました。今思えば、「人に何か伝える」というのは、療法士としての仕事でもあります。患者さんや利用者さんに分かりやすく状態や対処方法を伝えることなどは、日常的行為なはずです。ですが、EnjoyRoadを始めた頃の私は、こうした「発表」という形式でもって「人に何かを伝える」と認識していました。ですから、背伸びもしたものです。発信するためには人一倍情報収集が必要だと思っていましたから、日夜勉強もしました。学生時代にはまともに勉強もしたことがなかった私としては、忙しく勉強する日々は恍惚なものだったと思います。勉強したことを、患者さんや勉強会で知り合った人々に還元する。それなりの充実感はありました。

「人に分かりやすく伝える」の背景には、どこか「わかってもらいたい」という欲求が私自身にあったのでしょう。ですが、EnjoyRoadの回を重ねるうちに、いつしか虚無感を覚えるようになりました。それは、「伝わった」と思っても、相手の思考や行動が変化しない、という事実に直面し始めたからです。これに気がついた時の私は、そのことを深く考えるまでもなく、「では、もう少し踏み込んだ勉強会を作ればいい」と安易な発想で、当時一緒に勉強をする仲になった佐々木君と HOLISM 勉強会を結成したのでした。

佐々木君との出会いは、ブログです。彼が私のブログにコメントしてくれたことから、EnjoyRoadにも参加してくれたり、彼が関わる勉強会にも参加させてもらったりする中で、当時お互いの職場が近かったことから一緒に勉強することになりました。オステオパシーを学んでいた彼には「感覚」について色んな示唆をしてもらいました。特に「感覚が大切だ」という言葉は、当時の私には有り難い言葉でした。というのも、臨床中に感じたことと、教科書的なことに相違があった場合、自分の感覚は有用視せずに、自身の勉強不足だとする傾向があったからです。ですから、「感覚が大切だ」という言葉には「え?そうなの??」といった感想でした。もちろん、これまでも無自覚的に自身の感覚を優先していたことはあったでしょう。「分からないこと」もなんとか取り組まないといけない状況はありますから、その際には自身の直感や想像を頼りにするしかないからです。この「感覚が大切だ」という言葉によって、無自覚的だったものが意識化された、ということになります。これは一つのターニングポイントだったのでしょう。私はこの「感覚が大切だ」という言葉をもち、自身の意識状態や感覚されるものが変化することに気づきました。この体験は、「どんな言葉を持つか?」が重要であることを示唆してくれました。そして、一つの方向性として自身の感覚でもって相手の状態を把握することが大切なのであり、教科書的に相手を解釈することが有用なのではない、と結論づけるとっかかりになりました。

かくして佐々木君との交流を進め、 HOLISM勉強会を結成し、平日ナイトセミナーと称して系統立てた勉強会を開催していきました。そして、自身の臨床や勉強会に参加された多くの方の姿を見て、セラピストとして成長するために共通したエッセンスがあるのでは?と抽出した要素を、コース勉強会という形で提供することになったのです。

続きます。