自己紹介

主宰者:尾森亮太(おもりりょうた)

資格:理学療法士

家族:妻、娘

神奈川県内の一般病院、東京都町田市の訪問看護ステーション、通所介護施設、療法士向けのセミナー事業運営、現在は神奈川県大和市の訪問看護ステーション在籍。

元EnjoyRoad神奈川代表、HOLISM勉強会共同主宰

理学療法士としての私と直感想造研究会と

「理学療法士」として私は社会と接点を持ちました。つまり、私の現場は常に「理学療法士として」ということになります。どのような理学療法士になりたいか。これに対して、私は明確な回答を持ち得ません。というより、あまり考えたことがありませんでした。私は対利用者関係において「理学療法士」であれば良いと認識しているので、「私がどうなりたい」よりも、理学療法士としての技法で利用者さんが良い方向に行くのであれば、それでいいのです。ただ実際の現場というのは、理学療法士としての技術が相手に作用したのか、あるいはそれ以前の何かが作用したのか、その判別が難しく、その現場で必要な技法と同時に、より対個人的な因子、つまり関係的因子の影響について関心が向くことになりました。そうした流れもある中で、幸いにも恩師である武道家の日野晃先生と出会い、対人関係が治療効果に及ぼす影響について真剣に考えるようになっていったのです。この直感想造研究会は、理学療法士としてのキャリアの中で湧いて来た様々な疑問、日野先生の教えを具体化するための思索を通して、仮説ー検証して行くための場として作りました。ですから、参加者の成長が目的ではありません。あくまでも私自身の探求のためにあります。私と同じことができる、あるいは同じ考えを持つことが狙いではありません。ただ私の探求する様から、何を考え、どのように行動して行くと良いのか、それを参加者の方々が見出していただけるのであれば幸いなことです。自分自身が直面した問いにまっすぐに取り組むことがいかに人生を豊かにするか。たとえそれがいばらの道であったとしても、私はそこに向かっていきたい。それが私に疑問を持たせてくれた、これまでの患者さんや利用者さん、そして恩師や直感想造研究会に足を運んでくれた方への報いになると信じているからです。